長期前払費用

勘定科目に関する記事一覧を見る

長期前払費用になるような契約

 
前払いした費用のうち、1年以内に費用化されるものについては、流動資産の前払費用に
計上されます。固定資産の長期前払費用に計上するものは、決算後1年以上経過してから
費用にできる前払いした費用
です。

そもそも「前払費用」は、一定の契約にもとづいて継続した役務提供を受けるとき、まだ
提供されていない役務に対して支払った対価のことをいいます。

企業会計原則の考えでは継続的な役務提供の場合に限定していますが、経理実務としては
決算日から1年を超えて費用になるものの前払い金を長期前払費用とします。1年超など
長期間の役務提供が発生するような契約で、その費用を一括で支払ったようなときには、
長期前払費用としておくといいでしょう。

具体的には

長期前払費用の具体例には次のようなものがあります。
・一括払いした長期契約の損害保険料
・長期の賃貸借契約にもとづく前払いした家賃
・長期のリース契約にもとづく前払いしたリース料
・長期借入で信用保証協会から保証を受けるとき、信用保証協会へ支払う信用保証料

 
<< 投資その他の資産 | 勘定科目の記事一覧 | 差入保証金 >>

関連する記事

  •    ・固定資産→長く事業に貢献 固定資産は販売目的ではなく、長期にわたり継続的に事業…
  •    ・投資その他の資産 投資その他の資産は、固定資産に分類されますが、その中でも有形…
  •    ・減価償却費 減価償却は、税法で定められた固定資産の耐用年数に応じて、事業年度ご…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。