記帳代行の料金案内 |ライト・コミュニケーションズ

記帳代行・経理代行のライト・コミュニケーションズ株式会社

記帳代行・経理代行ならライト・コミュニケーションズ

毎月の記帳代行は150社以上!
東京での経理記帳は10年以上の豊富な実績。

記帳代行の料金案内

記帳代行に伴う料金ご案内になります。料金に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

記帳代行料金

ライト・コミュニケーションズの記帳代行では、お客様の業種、売上高などで料金設定をしておりません。
あくまでもお客さまからお預りする領収書、請求書などの証ひょう数に応じた価格設定になっております。
また、決算申告まで期限が迫っているお客様向けに、記帳代行料金が大変お得な駆け込み記帳代行も取り扱っております。
詳しくはライト・コミュニケーションズの決算申告駆け込み記帳代行の料金案内へ。

┃月額記帳料
仕訳数 料金(税別)
200仕訳まで 25,000円
200仕訳以降 50仕訳ごとに、6,250円
┃月額債権債務管理料
仕訳数 料金(税別)
200仕訳まで 2,000円
200仕訳以降 50仕訳ごとに、500円
  • ※債権債務管理とは、売掛、買掛、未払いなどを使った経理処理をいいます。
┃料金目安
項目 料金(税別)
初期登録料 25,000円
決算処理及び修正記帳料 25,000円
ファイリング料 10,000円
コンサルティング 10,000円
  • *初回契約時に会社情報、勘定・補助科目等を登録する初期登録料をいただきます。
  • *決算後、保存用の1年分帳票を出力し直すファイリング料をいただきます。
  • *上記以外にも資金繰り表作成から銀行振込までうけたまわっております。
  •  どんなことでもまずはお気軽にご相談ください。

仕訳数の数え方

ライト・コミュニケーションズの記帳代行では、上記の料金表に記載してありますように、仕訳数にもとづいて記帳代行料金を請求させて頂きます。基本的な仕訳数の数え方ですが、通帳であれば1行につき1仕訳、請求書なら1枚につき1仕訳、領収書だと1枚につき1仕訳、というように数えます。実際には会計ソフトへ仕訳を入力すると、入力した仕訳件数が表示されますので、その仕訳数にもとづいて料金を計算します。
1か月の仕訳数がわかれば、記帳料金の大まかなお見積りができます。また、仕訳数がわからない場合でも、お客様の経理の状況について、お話しを伺ってお見積りをすることはできます。ご相談は無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。


項目 仕分け
通帳 1行につき1仕訳
請求書 1枚につき1仕訳
領収書 1枚につき1仕訳

月額記帳料の料金例(税別)

仕訳数による月額の記帳料金の例は以下の通りです。記帳代行以外のサービス(給与計算や社会保険など)をご利用される場合は、別途料金が必要になります。その他のサービス料金については、ライトの総合サポートからご確認ください。

┃月200仕訳までの場合
項目 料金(税別)
月額記帳料 25,000円
月額債権債務管理料 2,000円
コンサルティング(オプション) 10,000円
┃月280仕訳の場合
項目 料金(税別)
月額記帳料 37,500円
月額債権債務管理料 3,000円
コンサルティング(オプション) 10,000円
┃月520仕訳の場合
項目 料金(税別)
月額記帳料 68,750円
月額債権債務管理料 5,500円
コンサルティング(オプション) 10,000円

「領収書が多くて仕訳数が多くなり、高くなるのでは…」と心配されているお客様、ご相談は無料で承っておりますので、
まずは一度お問い合わせください。お客様の事情に応じて柔軟に対応させて頂いております。お気軽にご相談ください。